MENU

Pick Up Program / ピックアッププログラム

番組一覧はこちら

番組審議会

第345回 エフエム沖縄番組審議会

開催日 令和3年2月9日(火)
議題 「おめでとう2021 With Fine!~ミッドナイトフィーバー~」について
出席委員 委員長:島袋勇 
委 員:新垣誠、中村薫、末広尚希、喜屋武厚子、宮平貴子、長嶺陽子
     (順不同、敬称略)

※本来、第345回番組審議会は2月9日(火)に開催予定でしたが、
新型コロナウイルス感染症拡大予防の趣旨に基づいて会議自体は自粛とし、
各委員へは番組音源・資料等をお送りして一定期間内に試聴してもらい、
レポートを提出していただくことでの審議としました。

議事の概要

・年代ごとのディスコナンバーはその時代の出来事や話題と共に懐かしく、
 リスナーのジングルやオンラインによるリスナーとのトークも楽しく聞けたが、
 パーソナリティ同士の絡みは個人的な部分も多く、エンディングトークもまとまりに欠けていた。

・現実逃避のお祭り騒ぎに終始するのではなく、
 現実を見つめつつ新しい年に希望を繋ぐためのヒントを見つけようとする構成は絶妙。
 ラジオの時代だった70年代ディスコサウンドと、その時代に育ったDJ達のキャスティングから、
 新たな時代の潮流を感じさせられた。

・デビット・シェーンと宮城麻里子の組合わせは抜群で、
 トーク、楽曲、リスナーとの交流など「楽しさ」を前面に出すコーナーもあれば、
 地域経済など少しお堅い話を取り上げるなど緩急をつけた構成も面白かった。

・年明け早々のナイスな番組。
 リスナーも特別な想いを持って聴いていることが想定される、明るいミッドナイトタイムとなった。
 まさにフィーバー!本当に良い番組だった。

・調査隊のコーナーでは、具体性に欠け、主要な情報が伝わり難い内容もあったが、番組的にはノリノリで、
 昨年からの重い事も、新年への飛躍を持たせつつ、「with」、寄り添って、共に支えあうというテーマは良かった。
 楽しく聴かせてもらった。

・生放送なのに、間延びしすぎず、ガチャガチャしすぎず、ほどよい雰囲気だったのは、
 デビッド・シェーンと宮城麻里子のキャラクターとテクニック、両方の賜物。
 また、このメンバーで聞いてみたいと思う内容だった。

・年明けを70年代から90年代までのディスコミュージックの歴史を交えて送るというのは脱帽のアイデアであり、
 1年の振り返りだけでなく年代別の「心躍る」振り返りにもなっていた。
 ダンスミュージックを中心にヒットソングを流すこの企画、ラジオの力で耳から元気にしたいという熱い気持ちが伝わる、
 コロナ禍の中での最高の年明けの過ごし方だった。

などの意見が出されました。

次回の番組審議会は令和3年3月9日開催予定です。