MENU

Pick Up Program / ピックアッププログラム

番組一覧はこちら

番組審議会

第344回 エフエム沖縄番組審議会

開催日 令和3年1月12日(火)
議題 「島袋寛子のいいね!OKINAWA!」について
出席委員 委員長:島袋勇 
委 員:新垣誠、末広尚希、喜屋武厚子、長嶺陽子
     (順不同、敬称略)
会社側:常務取締役 平安山良善、執行役員放送制作部部長 山川悦史、
    事務局 下地優

議事の概要

・この番組の人気の秘訣っていうか、続いてきた売りは何かな?っていうのを、ちょっと考えさせられた。
 寛子さんは、良くも悪くも、そのまま、素のまま、思うがままに話してるようでもある・・・が、
 彼女が喋っている息づかいみたいなのは上手に番組にパッケージされていた。
 愛される・応援される番組としての要素が高いので、もっと価値のある長寿番組になれると思う。

・独特なゆる~い感じが沖縄の土曜日のお昼時間にとてもマッチしているし、
 寛子さんの、いわゆる“らしさ”、自分らしくていいんだ、自分のままで、このままでやっていくんだ。
 そして、周りの人達が「あっ、そうなんだね、それでいいんだよね」みたいな、
 何かそういう勇気をもらえるような、そういう女性達への応援のような番組でもある。

・島袋寛子さんの柔らかくゆったりしてるキャラクターが全面に出てて、
 自分の好きなように番組をやらさせてもらっているような、何かゆる~いところがホッとする。
 それはそれで色々な意見があると思うが、個人的にはイイなぁと思う。
 インパクトのあるCMとMCのメリハリも上手く噛み合っていた。

・何が印象に残ったかと言うと、正直、曲が一番印象に残った。
 それでも、色んな時間を経て、一人の女性として素敵に自分らしく成長している寛子さんは、
 やはり女性の憧れとか希望を与えてくれる存在。会話も含めて彼女のナチュラルさがとても良い。

・改めてSPEEDの曲を聴いて、SPEEDってアイドルだったけどアイドルとして消費されず、
 結局、餅のように残る存在になったんだなっていうのを感じた。そういう意味で、
 島袋寛子さんは独特な立ち位置をずーっと保っているからこそ、この番組も長くやれているのだろうと思う。
 その懐かしさと、今の時代にもアピールできるものがきっと色々あると思うので、
 もっと色々アピールできたらいいのかな?っていう気もした。

などの意見が出されました。

次回の番組審議会は令和3年2月9日開催予定です。