MENU

Pick Up Program / ピックアッププログラム

番組一覧はこちら

Topics トピックス

JFNラジオCMコンテスト2020 優秀賞受賞!

全国の大学院生・大学生・短大生・専門学校生・高等専門学校生がクリエイティブで競う!
「JFNラジオCMコンテスト2020 〜ラジオに乗せて、学校アピール!〜」の最優秀賞・優秀賞が発表され、沖縄から選出された沖縄ラフ&ピース専門学校の照屋佑都さんが制作した「夢へのキッカケ」篇が優秀賞を受賞しました!

 

各賞の結果は次の通りです。

 

【最優秀賞】  植田裕美さん (北海道芸術デザイン専門学校/40秒)

【優秀賞】   林 直輝さん (HAL大阪ミュージック学科/40秒)

【優秀賞】   照屋佑都さん (沖縄ラフ&ピース専門学校/40秒)

 

ブロック

  • 北海道・東北

・「第1ブロック賞」 住吉七海さん (北海道芸術デザイン専門学校/40秒)

 

  • 関東・甲信越・静岡

・「第2ブロック賞」 陸  蓮さん   (専修大学/20秒)

            内山智義さん   (国立大学法人一橋大学/20秒)

 

・「第3ブロック賞」 松浦輝空さん     (国立大学法人群馬大学/20秒)

            鹿内隆太さん     (公立大学法人長岡造形大学/20秒)

 

  • 中部・北陸

・「第4ブロック賞」 林珠衣奈さん     (金城学院大学/20秒)

            田中彩華さん     (名古屋文化短期大学/20秒)

 

  • 近畿・中国・四国

・「第5ブロック賞」 岡 拓見さん     (甲南大学/40秒)

 

・「第6ブロック賞」 高菅雅己さん     (専門学校岡山情報ビジネス学院/40秒)

            岡崎はるかさん (学校法人龍馬学園国際デザイン・ビューティカレッジ/40秒)

 

  • 九州・沖縄

・「第7ブロック賞」 石橋梨紗さん     (学校法人滋慶文化学園福岡ECO動物海洋専門学校/40秒)

 

 

特別審査員を務めた漫画家の弘兼憲史氏は「今年の上位3作品は異なる選考評価となった。最優秀賞の北海道芸術デザイン専門学校の作品は、会話の面白さが新鮮であり、特に冒頭、本人の声で『どうも』と一言セリフがあるのにお茶目な工夫が感じられた。コピー後半の母親と先生の遣り取りがビジネス的な会話になっていたため、審査員の間で議論になったが、総合的な出来栄えで最優秀賞となった。HAL大阪は、最優秀賞と僅差であった。専門用語が使われたコピーで、最近良く使われている手法だが、一番纏まっており完成度が高かった。沖縄ラフ&ピース専門学校は、雰囲気がとても楽しそうであった。楽しさの評価で選んだのは最近あまりなかったが、この学校に通ってみたいと思わせる雰囲気が伝わってきた。これだけ楽しさが横溢しているので、このようなCMは一つの方向性かと思う。」と総評を述べました。

 

同じく特別審査員の谷山雅計氏からは「総合レベルは年々上がっていると感じる。最終選考に選ばれた作品は、どれ一つ取っても、今直ぐラジオでオンエアして全く問題ないし、それぞれ記憶に残る作品だと思う。」箭内道彦氏からは「応募期間がコロナ禍での外出自粛期間とも重なったため、ラジオをより身近に感じながらCMコピーを考える事ができたのかもしれない。コピーそのものも、自分の言葉に仕上がっていたと思う。年々感じるのは、ラジオに若い人達が戻ってきたなという事。この傾向が進んでいく事を願っている」と述べました。

 

今回の応募総数は2,811件(昨年2,606件)と過去最多でしたが、沖縄ラフ&ピース専門学校の照屋佑都さんの作品は特に作品全体の「楽しい雰囲気」が評価され全国での表彰となりました。

 

CMの収録はFM沖縄で行われ、出演者は全員沖縄ラフ&ピース専門学校の照屋さんのクラスメイトたち。照屋さんディレクションのもと楽しく収録が進みました。

 

沖縄ラフ&ピース専門学校のみなさん

 

受賞した照屋佑都さんからは「この度はこのような賞をいただき、ありがとうございます。まさか自分が賞を頂けるとは思わず、今もまだ受賞した実感が湧いていません。出演してくれた同級生や後輩、録ってくれた方々の協力があったからこそ受賞できたと思います。今回の経験を活かし、これからも頑張っていきたいと思います。」と受賞をよろこぶ声をいただきました。

 

そろそろ照屋さんのラジオCMが聴きたくなってきましたよね?

お待たせしました! ではお聴きいただきましょう!

 

沖縄ラフ&ピース専門学校 ライブ・イベント制作コース 照屋佑都さんが制作した「夢へのキッカケ」篇です。

 

照屋さんには賞状、トロフィー、賞金が授与されるほか、副賞として受賞作「夢へのキッカケ」篇がJFN38局で全国放送されます。

 

今回受賞した全作品は「JFNラジオCMコンテスト2020 〜ラジオに乗せて、学校アピール!〜」のホームページで試聴できるほか、特別審査員による講評の全文もご覧になれますので、ぜひアクセスしてくださいね!

 

受賞した沖縄ラフ&ピース専門学校の照屋佑都さん、本当におめでとうございます!

 

また今回ご応募いただいたすべての学生さんに感謝致します。

 

ありがとうございました!

 

 

追記:表彰式を行いました!

 

2020年7月22日(水)FM沖縄にて「JFNラジオCMコンテスト2020 〜ラジオに乗せて学校アピール!〜」優秀賞の表彰式を行いました。

 

 

 

賞状とトロフィーを持つ照屋佑都さん(左)とFM沖縄 の長濱弘真社長(右)

 

 

照屋さんは「自分が書いた文章が、実際にナレーションなどを入れることで、想像以上のものになっていくのがおもしろかった。」と制作の感想を語り、「今年は自分が優秀賞を受賞したが、来年は後輩に最優秀賞を目指してほしい」と後輩たちにエールを送りました。

 

照屋さんには表彰状、トロフィー、賞金が授与され、受賞作品は8月にJFN38局で全国放送されます。

 

照屋佑都さん、本当におめでとうございました!