MENU

Pick Up Program / ピックアッププログラム

番組一覧はこちら
Logo

ブログ

後輩・部下への指導、うまくできていますか?

毎週火曜日のこの時間は「聴けば 聴くほど」

日常生活の、ちょっと知りたい、もっと知りたい

聴くことで、知ることで一歩を踏み出そうとしている

あなたを応援するコーナーです。

 

今月は、心理学に即した、上司・部下のコミュニケーション方法を

リーダーシップ研修のエキスパート山本京子さんに伺っています。

 

人は1人1人価値観が違うのが当たり前で、

円滑なコミュニケーションを行うためには

相手の価値観を知り、大切にすることが重要です。

 

この価値観を、心理学では大きく4つのタイプに分けられます。

 

  • 楽しい事・企画するのが大好きな「プロモーター」
  • 皆、仲良く・・を重視する「サポーター」
  • 結果がすべての「コントローラー」
  • 安心安全が大切な「アナライザー」

 

この4つのタイプがあって、

タイプごとに「仕事をお願いするなら、こういう声のかけ方がベスト」

逆に「こういう声かけはNG」というのがあるんです。

 

今日は「プロモータータイプ」を具体的に見ていこうと思います。

 

あなたの周りに次のような方はいませんか?

こういう方は「プロモータータイプ」かもしれません。

 

 

 

山本京子さん)会話していて「それ面白そう!」「楽しそう!」

というフレーズが多い人は「プロモータータイプ」の可能性が高いです。

 

「バーベキューをやろう!」「映画観に行こう!」と言い出す人、

楽しい事を企画するのも、このプロモータータイプです。

 

ただ言い出しても、準備は苦手です(笑)

「映画かぁ・・いつ?」と聞いたら「今日!」「すぐに!」

という答えが多いです。

 

 

では、このプロモータータイプの方に仕事をお願いする時には、

どうすれば良いんでしょうか?

 

 

山本京子さん)楽しい事が大好きなプロモータータイプの人には

「楽しい」を強調するのがポイントです。

「この業務が成功したら売り上げはいくら」と言った

「数字」は必要ありません。

 

例えば「Aという書類を無事作れたら、すごい事になるよ!

楽しい未来が待っているよ!」というように、いかに楽しい事を

想像させられるかが重要です。

 

逆に「これは大切な書類だから、間違えたら大変よ。しっかりやってね。」

といったネガティブな話は、プロモータータイプの方にはNGです!

動けなくなってしまいます。

 

このように「やる気にさせる声掛け」「NGな声掛け」というのがあります。

そして、それはタイプによって異なるのです。

 

山本京子さん)「あなたにこれ、全部任せます!」

という声かけもプロモータータイプの後輩・部下にはお勧めです!

やる気がアップします。

 

一方、同じ「あなたにこれ、全部任せます!」という声掛けが、

「皆で仲良く」を重視するサポータータイプの方にはNGになります。

サポータータイプの方は、皆の了承を得られない限り、

本当に自分が動いて良いのか、不安になるんです。

 

逆に、サポータータイプの方をやる気にさせる

「皆で一緒に頑張りましょう!」という声掛けは、

プロモータータイプの方にはNGです。

プロモータータイプに「皆で一緒に」と言ってしまうと、

「はい。」と返事はするものの、動かなくなってしまいます。

プロモータータイプには任せるのが、一番です!

 

あなたの周りにプロモータータイプの後輩や部下がいたら、

今日お伝えしたポイント・・

  • プロモーターには「楽しい事」を強調する。
  • 出来る限り仕事を任せてあげる。
  • リスクを伝えるのはNG

こういったポイントを踏まえつつ、声をかけてあげて下さい。

 

次回は、「サポータータイプ」への声掛けをお伝えします。